1987 パーティジョイ (76) おばけ屋敷ゲーム

f:id:kompdog:20170320220946j:plainメーカー:バンダイ 発売年1987 当時定価:1,000円

 「パーティジョイ」の札や小道具類は、箱にきれいに収めるのが難しいことも多かったが、これは札の枚数などが適度なうえ、プラ製インナーケース付きだったので、中古品でも比較的良い状態が保たれていることが多いのでは。

写真の物は、じつは当時ほとんど遊ばなかった(通してやったのが1回ぐらいの)やつなので、外箱の痛みも少ないのだと思うが。

f:id:kompdog:20170628053306j:plain

この「おばけ屋敷ゲーム」には、妙に豪華なプリズム調のシールがオマケとして付属していた。購入当時「ビックリマン」ブームだったとはいえ、何故シールなのだろう? と不思議だった。

パッケージのどこにも「シール付き」などと書かれていないので、オマケシール目当てでの購入は見込めないはず。それでも付属していたのは、やはり、購入者への「嬉しいサービス」ということだったのだろうか。

f:id:kompdog:20170628054330j:plainシールはあくまでも「魔よけシール」という名前のゲーム部品なのだが(上図の15番)、説明書を見てもルール上の効果や使い道については触れられておらず、どこまで本気かわからない「謎の儀式」があるのみ。

f:id:kompdog:20170628053628j:plain

 

 シールのサイズは縦横48mm。裏面は薄水色の無地の台紙。

f:id:kompdog:20170623044729j:plain(ギラギラと光るシールをキレイに写すのは、慣れていないので難しい。画像は横向きになってしまった) 

 シールのデザインは、名前部分が「★大魔王」とあり、絵柄は、大魔王4分身のうちの1「氷の魔神」がモチーフで(箱絵中央のキャラ)、その背後に黄金の龍」が見えている(これは大魔王の正体)。他の分身である「炎の魔神」「鎧将軍」や、黄金の龍単体」のシールがあったかどうかは不明。

 

f:id:kompdog:20170417214801j:plain

大魔王カードの絵柄だと、肝心の氷の魔神がとくにヘボいというか、味があるというか、箱絵ともシールとも別物のような印象を受ける。

 

f:id:kompdog:20170628055832j:plain

盤面裏のコミックス調ストーリー紹介の絵柄も、また別物で独特。

 

 

All Aboutの記事で、内容紹介などされている。 

 

「本家」は、21世紀になってから復刻版が出たりリメイクされたり。

プレスリリース | 株式会社バンダイ2004年に復刻

絶叫!おばけ屋敷ゲーム|バンダイ公式サイト(2012年にスマホ連動でリメイク)

360度恐怖体感 脱出!おばけ屋敷ゲーム - バンダイ アソビジョン(2017年にさらに進化版として)