4コマ漫画雑誌 その1

f:id:kompdog:20171023122416j:plain

90年代、特に世紀末の一時期、この手の4コマ漫画ばかり読んでいました。雑誌が少し残っていたので、読み返してみて気になった部分など、簡単にアップしておこうと思います。

f:id:kompdog:20171023122508j:plain

 

 

まんがタイムオプショナル

f:id:kompdog:20171023122851j:plain

まんがタイムファミリー8月号増刊(1998年6月30日発売、定価380円、T1118646080382)

どうもこれが第1号で、一年ほど続いてから「まんがタイムナチュラル」に改名したらしいです。

f:id:kompdog:20171023122944j:plain

小池田マヤ全作品リスト 保存版

本人による解説(作品エピソード)が9作品分あるし、その後再録されていないとすれば、少しもったいないような(全19P。内16Pは2色カラー)

 

 

f:id:kompdog:20171023123748j:plain

まんがタイムファミリー11月号増刊(1998年9月30日発売、定価380円、T1118646110386)

第2号。背表紙のアオリでは「小池田マヤの魅力!!」とだけなっていますが、特別企画は丹沢恵と等分です(それぞれ6Pずつ2色カラー)

 

 

そして、この広告のが第3号だったのかな? 「まんがホーム」の2月増刊扱いですが。ほぼ季刊ペースですね。

f:id:kompdog:20171023130410j:plain

まんがタイム系1999年2月号内広告より

 

 

まんがタイムスペシャル

1999年辺りのですが、新人賞など、画像だけ。

f:id:kompdog:20171024123711j:plain

まんがタイムスペシャル 1998年12月号(No.79、定価270円、T1108285120273)

f:id:kompdog:20171028122602j:plain

新人4コマまんが展 入選 辻灯子「ある晴れた日に」

 

 1999年 「S-1グランプリ」という読者投票企画。

f:id:kompdog:20171024123904j:plain

まんがタイムスペシャル 1999年5月号(No.84、定価270円、T1108285050273)

f:id:kompdog:20171028121633j:plain

辻灯子「今日もOLは生きている」

f:id:kompdog:20171028121651j:plain

木之元初奈(大乃元初奈)「日々是好日」

 

この時期ぐらいまでのスペシャルで表紙を担当していた窪田まり子の「さよちゃんシリーズ」については、長くなりそうなので別記事で。

kompdog.hatenablog.com

 

 

 

まんがタイム

自分が「まんがタイム」を読み始めたのは、ちょうど時代が昭和から平成に変わった辺りの頃?でした。残っていた中でいちばん古いのは1992年6月号(No.140)です。

f:id:kompdog:20171024231501j:plain

まんがタイム 1992年6月号 表紙(No.140、定価240円、T1008645060242)

f:id:kompdog:20171024120406j:plain

まんがタイム 1992年6月号 目次

せっかくなので試しにテキスト化してみます。

実際の掲載順で、括弧は連載の回数です(表記されている作品のみ)

  1. 表紙 (おとぼけ課長/植田まさし)
  2. おとぼけ課長(135)/植田まさし
  3. ごはんですよ (124)/タナカヒロシ
  4. 三丁目の暗黒街 (135)/平ひさし
  5. ワッハハプロ野球NEWS (28)/はた山ハッチ
  6. ふるさとの四季 (120)/さのまこと
  7. ハルコだよぉん (12)/森みちこ
  8. ストレスファミリー (23)/高橋さとる
  9. あげたてテンプラくん (7)/丹治みちお
  10. あったか家族 (136)/おだ辰夫
  11. 恋するさよちゃん (87)/窪田まり子
  12. マイペースママ/堀田かつひこ
  13. ぼくんちのアイドルひろみちゃん (82)/なりゆきわかこ
  14. おたっしゃくん/大竹ひろあき
  15. 愛・ひとみの場合 (1)/長岡ひろし
  16. 丸山せんぱ~い! (3)/金子まさあき
  17. うちのプク/ひのもとはじめ
  18. ボクはコースケくん (121)/さいわい徹
  19. 天使くん (29)/新田にに子
  20. オーイはちべえ (15)/鵜飼U子
  21. ボクの愛妻日記 (118)/赤座ひではる
  22. あにゃんがポン/かわばたひろみ
  23. とんち君 (58)/松田まさお
  24. 泣くなヨ、せんせい (2)/大西哲也
  25. ガニマタ警部 (109)/尾崎みつお
  26. 好きだヨンたーくん (30)/ともびきちなつ
  27. アハハかおりさん (13)/やまだ三平
  28. すずめちゃん (134)/かまちよしろう
  29. あんさんもうかりまっか? (13)/いわみせいじ
  30. パパとゆっちゃん (9)/吉沢やすみ
  31. ちゃみ、ただいまーっ/佐々木きよみ
  32. 王様のキッチン (5)/竹中らんこ
  33. 親ばか子ばか (115)/北見けんいち
  34. ワッハハ英会話日記/キャシー・マーチン×大原ななこ
  35. 天然色でのぞみちゃん/原口一矢
  36. 目次 (まんが歳時記/前川しんすけ)
  37. 小さな恋のものがたりみつはしちかこ
  38. ナオミだもん (38)/こだま学
  39. あさかぜ君/田中しょう 

表紙を除き、掲載作品数は38(目次横の1コマ漫画もカウント)

全216ページ(表紙と広告含む)

 

 

次は3年後の、1995年8月号(No.178) 

f:id:kompdog:20171024231456j:plain

まんがタイム 1995年8月号 表紙(No.178、定価250円、T1008645080257)

(目次画像省略)

  1. 表紙 (おとぼけ課長/植田まさし)
  2. 天使くん (66)/新田にに子
  3. おとぼけ課長 (173)/植田まさし
  4. ママは恋してる (12)/野中のばら
  5. すずめはすずめ/南ひろこ
  6. サビちゃんをヨロシク (25)/古賀アンナ
  7. ふるさとの四季 (158)/さのまこと
  8. オヤジ万歳/大崎むう
  9. 丸山せんぱ~い! (42)/金子まさあき
  10. とんち君 (96)/松田まさお
  11. 家族な人びと (10)/大西哲也
  12. オーイはちべえ (51)/鵜飼U子
  13. ピカピカドリーム/めで鯛
  14. ぼくんちのアイドルひろみちゃん (119)/なりゆきわかこ
  15. まっくん! (4)/小池田マヤ (※題名に「ときめき」含まず)
  16. OLひなこくん (19)/原口かずや
  17. 春ちゃんのまわり (3)/五十沢友郎
  18. おやじ殿モノ申ス (4)/タナカヒロシ
  19. はいはい笑介くん (8)/えびすまるほ
  20. あにゃんがポン (42)/かわばたひろみ
  21. はるなちゃん参上! (2)/秋吉由美子
  22. ぼくらのアベちゃん (31)/のりづきりえ
  23. おちゃらけカップル/高野アンジェリカ
  24. ボクの愛妻日記 (156)/赤座ひではる
  25. 元気になぁれ!!/みなみのうみ
  26. 恋するさよちゃん (125)/窪田まり子
  27. かかってきなさいっ!!/てらかわよしこ
  28. マイペースママ/堀田かつひこ
  29. かつあげ君 (171)/平ひさし (※三丁目の暗黒街から改題済み)
  30. パパは平気だ (8)/かわにしよしと
  31. 親ばか子ばか (153)/北見けんいち
  32. ガニマタ警部 (147)/尾崎みつお
  33. 目次 (まんが歳時記/前川しんすけ)
  34. ナオミだもん (76)/こだま学
  35. 小さな恋のものがたりみつはしちかこ
  36. あさかぜ君/田中しょう

掲載作品数は35。全208ページ。定価10円値上がり。

  

 

さらに3年後の、1998年10月号(No.216)

f:id:kompdog:20171025201344j:plain

まんがタイム 1998年10月号 表紙(No.216、定価260円、T1108645100266)

(目次画像省略)

  1. 表紙 (おとぼけ課長/植田まさし)
  2. ときめきまっくん! (41)/小池田マヤ
  3. おとぼけ課長 (211)/植田まさし
  4. ドリアン (32)/唯洋一郎
  5. バラ色カンパニー (37)/新田朋子
  6. すっぴんルージュ (2)/森田フミゾー
  7. まるやま君 (26)/金子まさあき
  8. はいはい笑介くん (46)/えびすまるほ
  9. タマリマ星人プリプリ (21)/新田にに子
  10. とんち君 (134)/松田まさお
  11. ガテンのカコちゃん (32)/野中のばら
  12. サビちゃんをヨロシク (59)/古賀アンナ
  13. OLひなこくん (55)/原口かずや
  14. かつあげ君 (209)/平ひさし
  15. あにゃんがポン (82)/かわばたひろみ
  16. 花咲き椿 (28)/尾形未紀
  17. ぼくんちのアイドルひろみちゃん (157)/なりゆきわかこ
  18. おベンツさま! (5)/さんりようこ
  19. 爆笑!!私の音楽自慢(窪田まり子、古賀アンナ、金子まさあき、さのまこと、なりゆきわかこ
  20. 小さな恋のものがたりみつはしちかこ
  21. ごめいわくギャルズ (33)/岡田がる (※目次ともに「Gomeiwaku Gals」表記)
  22. すずめはすずめ (44)/南ひろこ
  23. ぼくらのアベちゃん (66)/のりづきりえ
  24. K河家の次男坊 (35)/中野きゆ美
  25. はるなちゃん参上! (40)/秋吉由美子
  26. 学校へ行こうよ!! (15)/富永ゆかり
  27. 恋するさよちゃん (158)/窪田まり子
  28. オーイはちべえ (89)/鵜飼U子
  29. パパは平気だ (46)/かわにしよしと
  30. ボクの愛妻日記 (192)/赤座ひではる
  31. 親父カフェ (14)/北見けんいち
  32. ふるさとの四季 (196)/さのまこと
  33. 目次 (ドトウの3兄弟妹/前川つかさ)
  34. あさかぜ君/田中しょう
  35. ホリデぇ君 (2)/こだま学
  36. 家族な人びと (47)/大西哲也

掲載作品数は35(書き下ろし企画は合わせて1つにカウント)

全208ページ。定価10円値上がり。

 

 

その2年後の、2000年5月号(No.235) 

まんがタイム本誌で処分せず残っていた中では、これがいちばん新しいやつでした。

f:id:kompdog:20171025201341j:plain

まんがタイム 2000年5月号 表紙(No.235、定価270円、T1108645050271)

(目次画像省略) 

  1. 表紙 (おとぼけ課長/植田まさし)
  2. おとぼけ課長 (230)/植田まさし
  3. ドリアン (51)/唯洋一郎
  4. ガテンのカコちゃん (51)/野中のばら
  5. やんちゃ君 (14)/あらい太朗
  6. ごめいわくギャルズ (51)/岡田がる (※目次ともに「Gomeiwaku Gals」表記)
  7. すずめはすずめ (63)/南ひろこ
  8. はいはい笑介くん (65)/えびすまるほ
  9. 弱気くん (18)/新田にに子
  10. でんき君/渡辺電機(株)
  11. かつあげ君 (228)/平ひさし
  12. バラ色カンパニー (55)/新田朋子
  13. サエナイ!?さえてる君 (5)/二宮博彦
  14. 陽だまりのベンチ (16)/五十沢友郎
  15. まどぎわ族/重野なおき
  16. はるなちゃん参上! (59)/秋吉由美子
  17. 花咲き椿 (47)/尾形未紀
  18. まるやま君 (43)/金子まさあき
  19. とんち君 (153)/松田まさお
  20. ウルトラ金ちゃん/さかもとみゆき
  21. サビちゃんをヨロシク (78)/古賀アンナ
  22. K河家の次男坊 (54)/中野きゆ美
  23. アヤならOK!! (5)/こだま学
  24. 明日があるさ!! (7)/大西哲也
  25. 新!バナナミンH (11)/水都一美
  26. 天然一族 (6)/高原けんじ
  27. 極楽らーめん亭 (5)/コジマヒデオ
  28. ぼくんちのアイドルひろみちゃん (175)/なりゆきわかこ
  29. 親父カフェ (33)/北見けんいち
  30. オーイはちべえ (108)/鵜飼U子
  31. 恋するさよちゃん (177)/窪田まり子
  32. シネマンガ (5)/おくけいすけ
  33. ふるさとの四季 (223)/さのまこと
  34. 目次 (いしいひさいち)
  35. うりうりうり坊! (8)/めで鯛
  36. ルリカ発進! (10)/ひらのあゆ
  37. あさかぜ君/田中しょう

掲載作品数は36。全208ページ。

定価10円値上がり(No.140からの8年間で30円の値上がり)

 

(誤字脱字・データ誤記などあるかもです)

 

連載作品については、系列誌への移動や平行連載もあるので、これだけ見ても動向の一部のさらに一部ぐらいしかわかりませんが。

 

 

 

まんがタウン

個人的には、小池田マヤとのトラブルや窪田まり子の扱いなど、芳文社に対する印象はあまり良いものがないのですよね。今回雑誌を読み返してみて、かなり複雑な気分になりました。

当時の自分はいくつかの理由が重なって、購読誌をまんがタイム系からまんがタウン双葉社)に切り替えていましたが、完全に(立ち読みですら)タイム系を読まなくなったのは、2004年辺りですかね。その後は「ひらのあゆ」総集編に手を出すぐらいで。

f:id:kompdog:20171023122630j:plain

まんがタウンは、最初の数年は毎月かかさず買っていましたが、捨てないまでも人にあげたりしていたので、すごく飛び飛びにしか残っていません(看板がクレしんで、エグイ作品皆無だったので、子供にもあげやすかった)

 

f:id:kompdog:20171024231452j:plain

まんがタウン 2001年1月号 表紙(VOL.2、定価260円、T1118391010269)

 「超豪華連載陣!!」と銘打った表紙に「こうの史代」の名が載っていないのは、さすがに時代を感じます。「ぴっぴら帳」は当時から良い雰囲気の4コマで、この号でも2色カラー割り当てでしたが。 

 

 

 

 

 世紀の変わり目前後の4コマ漫画雑誌を読み返した結果、 モヤモヤとわき出てくることがあるのですが、(ネガティブすぎることを書かないよう、いったん落ち着くためにも)続きはまたにします。 

さよちゃんシリーズ/窪田まり子

f:id:kompdog:20171026215441j:plain

まんがタイムオリジナル 2000年12月号より

 

1986年に連載開始、2003年で終了。連載期間は17年間。まんがタイム系列のあちこちで見かけましたが、なかでも「スペシャル」では、長らく表紙を飾っていました。

f:id:kompdog:20171024123250j:plain

まんがタイムスペシャル 1998年1月号(No.68、定価260円、T1108285010260)

f:id:kompdog:20171024123520j:plain

まんがタイムスペシャル 1998年2月号(No.69、定価260円、T1108285020269)

f:id:kompdog:20171024123509j:plain

まんがタイムスペシャル 1998年7月号(No.74、定価260円、T1108285070264)

f:id:kompdog:20171024123724j:plain

まんがタイムスペシャル 1998年9月号(No.76、定価270円、T1108285090279)

f:id:kompdog:20171024123910j:plain

まんがタイムスペシャル 1999年1月号(No.80、定価270円、T1108285010277)

 

 登場キャラクター。

f:id:kompdog:20171028112642j:plain

恋するさよちゃん純情一途編 より(1995年12月31日、ISBN 978-4832260766)

レギュラーキャラクターの愛犬ガム(♂)のモデルであると思われる、作者の現実の飼い犬ガム(♀)が、1998年の時点で13歳ということでしたので、まさに作品と一緒に育っていってたのですね。

f:id:kompdog:20171024124925j:plain

まんがタイムスペシャル 1998年7月号「わくわくアニマル特集・ペットくん相談室」より

 

 単行本は1995年12月発行の「恋するさよちゃん 純情一途編(A5判、208P)」が最後で、それ以降の約8年分、複数の系列誌での連載が未収録状態のままということになりますが、もったいないというか、どこか理不尽さを感じますね。

同作者の「ミラクルみさこちゃん」にいたっては、10年間も連載されていたのに、けっきょく単行本出ませんでした。 

窪田まり子は、もうここ10年ぐらい作品発表されてないようですが、未単行本化の分を電子書籍で出す、というようなわけにはいかないのでしょうか。

  

 

 

「遊星人パタパタ」という小さな宇宙人のキャラが、さよちゃんシリーズとみさこちゃんシリーズに共通で出演していましたが、とくにさよちゃんの方では、存在が非日常的アクセントになっていてよかったです。

f:id:kompdog:20171028112042j:plainf:id:kompdog:20171026232508j:plain

さよちゃんシリーズより(左:1995年、右:1998年)

 

f:id:kompdog:20171026232544j:plainf:id:kompdog:20171026232516j:plain

みさこちゃんシリーズより(左:1999年、右:1998年)

 

f:id:kompdog:20171025201823j:plain

まんがホーム 1999年1月号より

さよちゃんシリーズもそうですが、 とくに「ミラクルみさこちゃん」は、藤子Fファンと親和性が高いのではないかなあ、と思うんですけどね。実際はどうなんでしょうか。(自分はどちらかというと藤子Aファンなので)

 

 

 

みさこちゃん、及び、96年以降のさよちゃんが単行本化されていないのは、非常に残念なことだと思います。ぜひ電子書籍化をお願いしたいです(できれば2色カラー等そのままで)

 

 

 

 

さよちゃんシリーズのエピローグともとれる特別編。

f:id:kompdog:20171024203311j:plain

まんがタイムスペシャル 1998年11月号「魅惑のエイジング特集・三十路スペシャル」より

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kompdog:20171027004249j:plain

アホらしくて好きな4コマ。

 

 

画像や書きたいことをもっと整理してからブログ記事にしようと思っていたのですが、いつになるかわからないので、とりあえず暫定的にでも。

ワルキューレの伝説(PCエンジン版)

f:id:kompdog:20171015012403j:plain

ゲームブックの記事では、「ワルキューレの伝説 舞い降りた女神」について『なぜか買った』などと書きましたが、よくよく思い返せば、当時の自分はそれなりに同タイトルに『ハマっていた』のでした。

 

PCエンジン用ソフト「ワルキューレの伝説

ナムコ、1990年8月9日発売、NC90006)

f:id:kompdog:20171015013246j:plain

自分の場合、もとのアーケード版を知らずに、これで初めて「ワルキューレの伝説」に触れた状態でした。移植度ははっきりいってイマイチ以下のレベルだったようですが、これはこれで遊べました。なにより「操作キャラクターのデザインや動き」が可愛らしく、この数年前にアーケードゲームパックマニア」で感じたような、スッキリしたファンシーさが良かったのだと思います(立体感・ジャンプモーションなど。自分がゲームセンターに行っていたのは、パックマニアの頃が最後でした)

 

f:id:kompdog:20171015073823j:plain

PCエンジンの「Huカード」は、手に取ったサイズ感など、モノとしてけっこう魅力的でした。自分が所有していたのは「コアグラフィックス」という本体機種でしたが、同時期に所有していたセガの「メガドライブ」に比べて、ものすごくコンパクトなのも良かったです。

 

 

以下、この数日で発掘できたぶんだけですが、画像だけでもとりあえず。

 
ワルキューレの伝説 マル完攻略本 VOL.1

角川書店、マル勝PCエンジン 1990年9月号付録)

f:id:kompdog:20171015072241j:plain

f:id:kompdog:20171015072519j:plain

f:id:kompdog:20171015072621j:plain

設定イメージイラストが多く掲載されていました。

 

ワルキューレの伝説 マル完攻略本 VOL.2

角川書店、マル勝PCエンジン 1990年10月号付録)

f:id:kompdog:20171015072709j:plain

f:id:kompdog:20171015072809j:plain

f:id:kompdog:20171015072832j:plain

個人的にブラックワルキューレは記憶に残る存在なのですが、その後無かったことにされていないか、微妙に心配だったり。

 

ワルキューレの伝説 必勝攻略法

(双葉社、1990年8月26日、ISBN 978 4575151750)

f:id:kompdog:20171015072953j:plain

オーソドックスな攻略本。「この本ならでは」という部分は無かったです。

 

ワルキューレの伝説 舞い降りた女神

(尾崎克之、双葉社、1990年10月12日、ISBN 978 4575761613)

f:id:kompdog:20171011065935j:plain

ゲームブック

サンドラだけでなく、コアクマンとズールもフィーチャーされていました。

f:id:kompdog:20171011211842j:plain

(イラスト:かんなたかし)

 

 

THE ナムコブック

(成沢大輔 編、JICC出版局、1991年3月10日、ISBN 978 4796601023)

f:id:kompdog:20171015081425j:plain

PCエンジンワルキューレの伝説が発売されてから半年後ぐらいに出た書籍。

 

f:id:kompdog:20171015081552j:plain

f:id:kompdog:20171015081820j:plain

(解説:塩田信之)

PCエンジン版の不出来さを正直に指摘していて、良心的な解説でした。

 

 

 

ナムコ ゲームサウンド エクスプレス Vol.1

(ビクター、1989年9月、VDR-14001)

f:id:kompdog:20171015083257j:plain

f:id:kompdog:20171015083436j:plain

これはあくまでもアーケード版のサウンドトラックですが。

 

 

作品やキャラクターについて、今もそんなに好きかというと、うーん……という感じですが、やはり思い出はあります。昨今は出来の良いワルキューレのフィギュアなども発売されていますが、それらがあの当時売っていれば飛びついていたのに……などと思ったり(当時は、ガレージキットぐらいしかなかったですから)

 

 

 

以下、余談になりますが。 

ナムコ ベストヒットパレード!

(ビクター、1989年11月21日、VDRY-25023)

f:id:kompdog:20171019112623j:plainf:id:kompdog:20171019112743j:plain

このゲームミュージックCD、90年夏頃に「ゲームサウンドエクスプレス ワルキューレの伝説」と同時に購入したのを覚えているのですが、自分が買った3ヶ月後ぐらいに「VICL-5038」という型番で再販されていたみたいですね。以前検索したとき、明らかに別もの2種類がヒットするので、どちらかが近年の再販なのかな?とか思っていたのですが。

特典ステッカーの封入含め、内容に変化は無いみたいですが、再販版かどうかは、型番の他、オビかケース裏面下部(再販は黒ライン無し)で判別できますね。

発売の1年後に型番を変えて再販というのは、けっこう珍しい事態だったのでは。