ワルキューレの伝説(PCエンジン版)

f:id:kompdog:20171015012403j:plain

ゲームブックの記事では、「ワルキューレの伝説 舞い降りた女神」について『なぜか買った』などと書きましたが、よくよく思い返せば、当時の自分はそれなりに同タイトルに『ハマっていた』のでした。

 

PCエンジン用ソフト「ワルキューレの伝説

ナムコ、1990年8月9日発売、NC90006)

f:id:kompdog:20171015013246j:plain

自分の場合、もとのアーケード版を知らずに、これで初めて「ワルキューレの伝説」に触れた状態でした。移植度ははっきりいってイマイチ以下のレベルだったようですが、これはこれで遊べました。なにより「操作キャラクターのデザインや動き」が可愛らしく、この数年前にアーケードゲームパックマニア」で感じたような、スッキリしたファンシーさが良かったのだと思います(立体感・ジャンプモーションなど。自分がゲームセンターに行っていたのは、パックマニアの頃が最後でした)

 

f:id:kompdog:20171015073823j:plain

PCエンジンの「Huカード」は、手に取ったサイズ感など、モノとしてけっこう魅力的でした。自分が所有していたのは「コアグラフィックス」という本体機種でしたが、同時期に所有していたセガの「メガドライブ」に比べて、ものすごくコンパクトなのも良かったです。

 

 

以下、この数日で発掘できたぶんだけですが、画像だけでもとりあえず。

 
ワルキューレの伝説 マル完攻略本 VOL.1

角川書店、マル勝PCエンジン 1990年9月号付録)

f:id:kompdog:20171015072241j:plain

f:id:kompdog:20171015072519j:plain

f:id:kompdog:20171015072621j:plain

設定イメージイラストが多く掲載されていました。

 

ワルキューレの伝説 マル完攻略本 VOL.2

角川書店、マル勝PCエンジン 1990年10月号付録)

f:id:kompdog:20171015072709j:plain

f:id:kompdog:20171015072809j:plain

f:id:kompdog:20171015072832j:plain

 

 

ワルキューレの伝説 必勝攻略法

(双葉社、1990年8月26日、ISBN 978 4575151750)

f:id:kompdog:20171015072953j:plain

オーソドックスな攻略本。「この本ならでは」という部分は無かったです。

 

ワルキューレの伝説 舞い降りた女神

(尾崎克之、双葉社、1990年10月12日、ISBN 978 4575761613)

f:id:kompdog:20171011065935j:plain

ゲームブック

f:id:kompdog:20171011211842j:plain

(イラスト:かんなたかし)

 

 

THE ナムコブック

(成沢大輔 編、JICC出版局、1991年3月10日、ISBN 978 4796601023)

f:id:kompdog:20171015081425j:plain

PCエンジンワルキューレの伝説が発売されてから半年後ぐらいに出た書籍。

 

f:id:kompdog:20171015081552j:plain

f:id:kompdog:20171015081820j:plain

(解説:塩田信之)

PCエンジン版の不出来さを正直に指摘していて、良心的な解説でした。

 

 

 

ナムコ ゲームサウンド エクスプレス Vol.1

(ビクター、1989年9月、VDR-14001)

f:id:kompdog:20171015083257j:plain

f:id:kompdog:20171015083436j:plain

これはあくまでもアーケード版のサウンドトラックですが。

 

 

作品やキャラクターについて、今もそんなに好きかというと、うーん……という感じですが、やはり思い出はあります。昨今は出来の良いワルキューレのフィギュアが発売されていますが、それらがあの当時売っていれば、もれなく購入していたのに……などと思ったり。 

 

ゲームブック

f:id:kompdog:20171011060407j:plain

ソーサリー 四部作(スティーブ・ジャクソン東京創元社、1985年)

「魔法使いの丘」(翻訳:安藤由紀子)
「城塞都市カーレ」(翻訳:中川法江)
「七匹の大蛇」(翻訳:成川裕子)
「王たちの冠」(翻訳:高田恵子)

 自分がはじめて買ったゲームブックで、すごく面白かったけど、2巻以降が難しすぎて。しかしそれでも繰り返し飽きずに何度も読んで、遊んでいた。イラストが独特の雰囲気で好きだった。

f:id:kompdog:20171013062933j:plain

(イラスト:John Blanche)

 

有名作品だし、ネット上にたくさん情報や解説があると思うので、そういうのは省略で。

自分の場合、購入したのは小田急百貨店の書籍コーナーだったか。たしか9月初めのことで、記憶違いでなければ、まだ最終の「王たちの冠」が出ていない時期だったはず。

久々に手にとってみて、また遊びたくなってきてしまった。文字の大きさや書体など、老眼にもけっこう読みやすい。

 (原題:Steve Jackson's Sorcery! : The Shamutanti Hills、Kharé-Cityport of Traps、The Seven Serpents、The Crown of Kings) 

 

 

 

ファンタジーものは「ソーサリー」でお腹いっぱいなところもあったので、以後はどちらかというとSF系を選んで買っていた。

 

 

 撃突!第7機装兵団 モニュメントの謎(高橋昌也、朝日ソノラマ、1985年) 

f:id:kompdog:20171011060523j:plain

横山宏のイラストに惹かれて買ったが、この作品独特の3D迷路探索バトルと、ゲームブック特有のパラグラフ行ったり来たりシステムが噛み合っておらず、かなり遊びづらかったような。ファミコンゲームならよかったのに、というのが当時の正直な感想だったかな。

 

 

 

さまよえる宇宙船(スティーブ・ジャクソン、翻訳:浅羽莢子社会思想社、1985年)

f:id:kompdog:20171011213748j:plain

ファイティング・ファンタジー(FF)シリーズの4作目。これはけっこうシステムが煩雑で、自分(船長)以外にも部下であるメンバー複数名(科学官、医務官、技官、保安官、警備員x2)を管理しなくてはならなかったり、戦闘も「船対船」から「素手格闘」まで数種類あったり。
当時の自分は、ちょうどこういう「スタートレック」的なスタンダードSFものに憧れていた時期でもあったので、なんとかがんばってプレイしていた。

表紙絵は、異星の闘技場で殺人無双ロボットに立ち向かう主人公たち。ヘルメットから武器まで全て現地で着替えさせられたもので、普段からこういう格好なわけではない。

(カバーイラスト:Peter Andrew Jones)

(原題:Starship Traveller)

  

f:id:kompdog:20171011231016j:plain

解説(安田均)から引用

ところで、こうした題材でのちがいとともに、本書にはもう一つ、従来にはない特徴も見受けられる。登場するキャラクターが複数になるという点だ。つまり、これまでのシリーズでは、読者は主人公となったさい、ルールに従ってその一人(主人公)についてのみ、サイコロをふっていればよかった。

( 中略)

こう書いてくると、あるいはいま流行のコンピュータ・ロールプレイング・ゲームがこれに近いことに気づかれた方もいるかもしれない。『ウイザードリー』や『ブラック・オニキス』といったその種の作品は、題材こそファンタジーではあるけれども、プレイヤーが何人かのキャラクターを設定し、彼ら一行をひきつれて冒険の旅に出かける。怪物と遭遇した場合には誰が誰と闘うのかを決めて結果を出したり、あるいは一行が一目散に逃亡したりする。

 

 

 

 ファルコン2 惑星メカノンの謎(マーク・スミス&ジェイミー・トムソン、翻訳:内田正之、ホビージャパン、1986年)

f:id:kompdog:20171011060551j:plain

時間警察もの。1巻と3巻も持っていたが、見当たらず。この2巻は1巻よりもスペースオペラっぽい感じで、基本のタイムマシンの他に、主人公用の宇宙戦闘機やバトルスーツも登場する。

表紙の人物は前巻より引き続き登場の敵役で、傷ついた顔や腕をサイボーグ化している。

(カバーデザイン:Peter Andrew Jones、イラスト:Geoffrey Senior & Nic Weeks)

(原題:Falcon 2 : Mechanon)

 

 

 

宇宙の暗殺者(アンドリュー・チャップマン、翻訳:酒井昭伸社会思想社、1986年) 

f:id:kompdog:20171011062238j:plain

FFシリーズの12作目。これは手頃なボリュームで、まあまあ遊びやすくて面白かったかな。凶悪マッドな科学者をとらえるため巨大な宇宙船に単身潜入、というストーリー。

(原題:Space Assassin)

 

突撃の清掃係トリオ(どう考えてもギャグ調のシーン)

f:id:kompdog:20171011062305j:plain(イラスト:Geoffrey Senior)

 

 

 

デュマレスト・サーガ 惑星不時着(安田均グループSNE東京創元社、1988年)

f:id:kompdog:20171011063644j:plain

第1弾「巨大コンピュータの謎」は、かなり読みこんで、カバーも紛失していた記憶だが、この2弾のほうは買ったはいいが、結局まともにプレイしなかったのかな(帯もそのままで、シートも完全未使用)
「デュマレスト」は小遣いではじめて買った海外小説シリーズだったのでそれなりに思い入れもあったし、まさかゲームブックで出てるとは思いもよらずで、第1弾はたしか86年末に地元書店(文教堂?)で見かけて購入、それから二年ぐらい経って忘れた頃に発売されたコレを、たしか書泉ブックマートで購入。さすがにゲームブック熱も冷めていたので、ざっと目を通すだけでプレイはせず、ということだったかと。

 

あとがき(安田均)から引用

本書では、共作名が第一作のTTGからグループSNEに変わっていますが、これはTTGのメンバーを吸収拡大したのがグループSNEと考えてもらえば結構です。この第二作では、ストーリーを安田均、本田成二、佐脇洋平が考え、執筆はほぼ全面的に北川直が担当しました。 

  

f:id:kompdog:20171014165301j:plainf:id:kompdog:20171011065529j:plain既刊が「生命の惑星カスケード」まで。この翌年に「最後の惑星ラニアン」刊行。

 

前作から引き続き登場のヒロイン「シャラナ」

f:id:kompdog:20171011064032j:plain

(イラスト:中沢数宣)

 

せっかくなのでついでに、デュマレスト・サーガ9巻「幻影惑星トーマイル」購入時に付属していた新刊案内も。

f:id:kompdog:20171014180228j:plain

東京創元社 新刊案内 '83 2月・3月(紙魚の手帖 No.19)」

 

  

 

ワルキューレの伝説 舞い降りた女神(尾崎克之、双葉社、1990年)

その後、もう完全にゲームブックの時代でもないだろう、と感じていた1990年の夏頃になって、PCエンジン版ソフトとほぼ同時発売だった「ワルキューレの伝説」のゲームブックを、なぜか購入していた。

f:id:kompdog:20171011065935j:plainf:id:kompdog:20171011065956j:plain

f:id:kompdog:20171011211842j:plain

(イラスト:かんなたかし)

 

 

「ソーサリー」に始まり「ワルキューレの伝説」で終えた、自分のゲームブック体験でした。

ファミリーベーシック

f:id:kompdog:20170930152826j:plain

自分が購入したのは1985年(昭和60年)の6月。発売からちょうど1年後ぐらいの頃で、バージョンは「V2.0A」だった。
本体もカセットも何十年も前に処分してしまっていて、残っているのは取説だけ。
関連本は処分するタイミングもなく、なんとなく残っていた。

 

カバー紛失の2冊。

f:id:kompdog:20170930192055j:plain


任天堂ファミリーベーシック大百科(ケイブンシャ、1985)」は、わりとやっつけ感ただようバラエティ的構成で、解説漫画も2種類収録されていた。

f:id:kompdog:20170930145529j:plainf:id:kompdog:20170930145648j:plain

(作:ラジカル・カンパニー、作:眞樹亜美霞)

 

任天堂ファミリーベーシック入門(徳間書店、1985)」は、真面目寄りというか、児童向けのやさしくてわかりやすい文体で、飲み込みのいい小学生なら、本当にこれ1冊でしっかりと入門できたのではなかろうか。

f:id:kompdog:20170930150440j:plain

この画像の図では関数名にフリガナが無いが、本文では適宜振られている。


自分の場合、2冊あわせて、ファミリーベーシックが具体的にどういうものなのか、というのを理解するのに役立ったような、そうでもないような。

 

 

そして思い出の一冊というか、個人的にコンピュータプログラミングにおいてすごく影響を受けたのが、ファミコン大作戦シリーズの「ファミリーベーシック ジャンプ(誠文堂新光社、1985)」という本。

f:id:kompdog:20170930153320j:plain

同「ホップ、ステップ」は、わりと入門的で、わかりやすくて実践的という印象だけだったが、本書「ジャンプ」、とくにP51からの作戦指令010「ロールプレイングに挑戦」というパートが、すごく魅力的で具体的でよかった。

f:id:kompdog:20170930153516j:plain

ごく簡易的な作りでグラフィックも一切無しとはいえ、ファミコンRPGを打ち込んで動かせる、というのが感動的でよかったのかな(時期的には「ドルアーガの塔ファミコン版が発売されたあたりで、「ドラクエ」等が出るのは翌1986年) 

f:id:kompdog:20170930153909j:plain

キーボード入力のみのところ、なんとかコントローラー対応できないものか、いじっていた記憶が。

f:id:kompdog:20170930155939j:plain 「わずか1982バイトでもここまで出来るんだ」

 

それから、同シリーズの「ファミコンソフト集003」に収録されていた「ミニトレック」というプログラム(古典的ゲーム「スタートレック」のタイニー版)が気に入って、カセットのバックアップ機能では基本的にコレを保存していて、何度も繰り返し遊んでいたような記憶が。f:id:kompdog:20170930160859j:plain

f:id:kompdog:20170930160958j:plain

 

ファミリーベーシックと関係ない余談になるが)その後発売された「スターラスター」は、スタートレックに3Dシューティングと謎解き要素まで加わったまさに理想版という感じで、すぐに購入して遊びまくった。ナムコファミコンソフトでは、「ゼビウス」よりも「ドルアーガ」よりも、スターラスターのほうが好きだった。

f:id:kompdog:20170930192546j:plain

「ゲーム必勝法シリーズ スターラスターケイブンシャ、1986)」(これもカバー紛失、鉛筆で書き込みもしていた)f:id:kompdog:20170930192649j:plain

(イラスト及び漫画:近藤豊。「アイドル八犬伝」イラストの 近藤ゆたか氏?)

 

 

なお、ケイブンシャ任天堂ファミリーベーシック大百科では、

f:id:kompdog:20170930150221j:plain

1985年だけに、サウンド制御のサンプル曲として「メガゾーン23」が使われていた。

 

 

 

 

 

ファミコン大作戦」シリーズの著者名義「地球防衛軍」の(おそらくは)代表であったと思われる谷岡康則氏は、ALS(筋委縮性側索硬化症)という病のため、2006年に亡くなられている。

Riddle Bearより 

 

 

 

 

 

 

以下は、書こうと思ったけどやっぱりやめたので、画像だけ。

f:id:kompdog:20171002151238j:plain

f:id:kompdog:20171002150202j:plain


 

 

 

 

 

ちなみに、自分のプログラミング遍歴は、順に

という感じでした。

完全に過去形で、趣味として限界を感じ、ドロップアウトしたということです。

PC・プログラミング関係は、いずれ別記事としてアップしたいです。